本文へスキップ

キャリア教育を支援する NPO School Support Center

サポートsUPPORT

サポート内容

1. 「企業訪問」学習

日本の優れた企業や行政・公共機関、研究機関、多様な専門的職業の存在は、世界でも稀にみるすばらしい教育資源です。
これらの教育資源を活用した「生徒の企業訪問学習」をコーディネートします。
教育旅行や研修旅行でのキャリア教育の学習活動をサポートします。
1) 学校サポートセンターは企業や専門家のすばらしい教育力の協力を要請します。
2) 協力要請にあたっては、企業など学習協力者の負担を減らし教育の可能性を広げます。
側面からのサポートによって企業の教育貢献活動の負担を軽減することに努めます。
日本が有する優れた企業の教育力を提供しやすい環境を生み出します。
3) サポート活動に関わるボランティアスタッフは、ビジネスや人生経験を通じた広い人的ネットワークを持つ協力者の皆さんです。

2. 専門家の「出張授業」

〇若手起業家の仕事ビジョンから学ぶ

仕事内容や仕事への情熱、将来ビジョンを明確に持つ起業家の方から事業の概要や計画についてお話を聞きます。
真剣に事業に取り組まれているお話は、生徒の皆さんが仕事の多様性を知り、職業について考える素晴らし機会です。
〇多様な分野で活躍する女性から学ぶ
多様な分野・業種の最前線で活躍される女性から、自ら勤務する会社や職業について説明していただき、仕事内容・仕事のやりがい、さらに将来ビジョンについて学びます。テーブルを囲んでの生徒の皆さんとの交流です。
〇システムエンジニアから学ぶ
プログラミングを学ぶ教室ではありません。最前線で活躍されているシステムエンジニア(SE)の方から、実際の仕事内容や仕事の役割、仕事の面白さなどについて学びます。

3. 職業の多様性を学ぶ複数「講師講演」

お1
人の講師からお話を聴くのではなく、複数の多様な業種、職種の方からお話を聴き、生徒との間で質疑・交流を行う講演スタイルの学習です。
35」業種の企業の方にご協力いただきます
多様な業種の方のそれぞれの仕事内容を知り、同じ質問への回答も講師・仕事内容によってどのように異なるのかを知ることで職業、働き方、価値観・仕事観、などの違いを発見します。

4. 「オンライン」によるキャリア教育

企業や専門組織の方によるオンラインによるキャリア教育をサポートしています。
遠隔地からオンラインで業務内容や仕事の役割、仕事への思いについて学びます。
基本的に、私共がサポートする上記の企業訪問学習、専門家の出張授業、複数講師講演などの実施を補完することを目的にサポートします。
ただし、実施時期や私共のキャパシティによりましては単独でのサポートも可能です

5. 企業訪問の「マナー教室」
生徒の皆さんが訪問学習などを実施する際に理解しておくべきマナー教室を行っております。
基本的に、私共がサポートする企業訪問学習実施の事前学習としてサポートします。

特定非営利活動法人
学校サポートセンター

(法人登記)〒208-0013
東京都武蔵村山市大南4-21-1-5202
(会議場所 MailBox)
〒162-0823
東京都新宿区神楽河岸1-1
東京ボランティア・市民活動センター Box No.10

   電話050-7115-0282

contents